検索

医美同源デザインアワードで大阪大学・京都市立芸術大学医看工芸チームが優秀賞を受賞しました!

更新日:3月19日


第7回医美同源デザインアワード「入院生活を豊かにするデザイン」において、大阪大学・京都市立芸術大学医看工芸チームがコミュニケーション部門の優秀賞を受賞しました。


3月10日(木)に金沢21世紀美術館 (オンライン)で公開審査会&シンポジウムが開催されました。

同チームは、入院患者が楽しみながら社会活動に向けたリハビリテーションを行うことを目的として、検索エンジンとコミュニケーション機能を搭載した新形式社会貢献マッチングアプリ「新たなアクティブを彩るスターターBOX」を提案しました。


疾病や活動制限の枠に捉われず「できること」にフォーカスをあてた提案が高く評価されました。

大阪大学・京都市立芸術大学医看工芸チームのみなさんおめでとうございます!


受賞作品は、3月11日(金)~5月31日(火)まで金沢西病院の1階に展示される予定です。

https://www.facebook.com/ibidogen/photos/3192839034269006


受賞式の模様は以下からご覧になれます。

https://www.youtube.com/watch?v=9WT0XHr3rOI


医美同源デザインアワード

https://www.facebook.com/ibidogen/



0件のコメント